2009年03月14日

時間ごとの特徴観察偏

さて、事前準備偏で触れた時間ごとの特徴についてですが。。。。

ボクが気づいたこと、実際に作戦に使っていることを書きたいと思います。

ボクがすごく尊敬している日本画の先生も、まずは観察なんだと言っていました。

FXもそうだと思う。

そいで、

こむずかしい英語はわからんので独自に簡単に儲けチャンスを見つけようとした結果、行き着きました。


まず最初に、ログインして1時間足チャートを開いてください。

そして 3時4時5時の1時間足に注目してください。

3時4時の1時間足で下ヒゲが、ニョイ〜ンと伸びている日、ありませんか?

絶対あるはずです。昨日もありました。

そんな感じで特徴をさぐっていきます・・・

「午前中はトロイ」=ロールオーバー作戦 が使える。

「3時4時に下ヒゲが出てたら5時からあがるのかな・・・。」

「9時からすっげーうごくんだな〜」

チャートの特徴をつかんでいきました。

単純ですけど、とにかくそうゆう風に捕らえた僕は、観察と研究を始めました。

その結果。

@一時間足で、3時4時で下ヒゲが長く伸びてたら5時に始値で買い。

A指標発表時は通貨を2枚セットで5分前にロング

という作戦に行き着きました。詳しくは手法偏と通貨毎の特徴偏にまとめたいと思います。



詳しくは↓↓(色んなブログからかき集めた情報です。間違ってたらすみません。)
FXは、月曜午前6時からオープンし、土曜の午前6時までが基本です。

早朝6:00〜9:00 シドニー市場

夜に比べると全然動きませんね。


午前中 9:00〜12:00 東京市場 午前
僕はこの時間は飯と勉強時間にあててます。
飯→運動→風呂→情報収集→作戦たてみたいな流れです。

15:00〜20:00 ロンドン市場
ユーロ圏市場、ロンドン(イギリス)市場のはじまり。
動きが面白くなってきて、チャートの特徴も出やすいです。
なんとなくですけど15時から18まで動きが激しく、19時からちょっと一瞬落ち着く傾向にあると思います。


21:00〜深夜2:00 ニューヨーク市場




儲けどきデス!!
指標発表による往復びんたを狙います。



ラベル:特徴観察
posted by ちょび太 at 19:00| Comment(0) | FXの基本の基☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。